風呂敷(ふろしき)専門店 京都の風呂敷染工場直売 通販 ちりめん風呂敷 丹後ちりめん 綿シャンタン風呂敷 | mashu kyoto

お電話でのご注文・お問い合わせは、0120-123-1234 まで

別注・卸の風呂敷

ホーム > 染めだより

染めだより

2​​.11-26 いちかわともこ「白い国」 at マヤルカ古書店

素敵なお知らせをいただきました。
フライヤーを広げたら、その世界を思わずじっと見つめてしまいました。
京都のマヤルカ古書店さんで、いちかわともこさんの展示がもうすぐ開催されます。
気になる方はぜひ足をお運びください。

 

「白い国」

2017.02​​.11-26

マヤルカ古書店

西陣の森の隣の郷土玩具と古本のお店”マヤルカ古書店”で個展を開催します。

-ちいさな家が集まってひとつの小さな国になる-

消されては描かれてゆく絵の世界を国の興亡に見立てて展示します。

・期間中、Perfect Potionの商品も展示販売

・茶房一倫の和菓子を2/19に限定販売

( “白い国”をイメージしたオリジナル生和菓子、予約可)

※在廊予定:2/11 , 26 随時更新

 

カテゴリー: 染めだより~スタッフブログ~ | コメントする

「一汁一菜でよいという提案」

立春ですね。
日中は気温が和らいだかと思うと、夜は冷え込んだり、まだまだ寒さが続きますが、

先日桜が咲いているのを見て、春の気配を感じた次第です。

先日、大きな書店に行ったとき、ふと目に留まった本がありました。
これ、前から読みたかった本やん!と珍しくすぐ購入。

 

料理の本なのに、なんて潔い表紙でしょう。
レシピ本かと思っていたのですが、題名とおり、一汁一菜で良い、という提案です。
日々ごはんを作るのはメニューを考えたり、あと一品作らねばなどと考えて、
毎日苦痛でしたが、この本を読んだら、ものすごく楽になれました。(30代 女)

 

というベタな感想ですが、自分の母にあげたいと初めて思った本です。そして男性にもぜひ読んでほしい!!

和食というより、古来よりの日本人の食文化についても書いてあり、
日本人とはなんて清い文化を持っているのだろう、と思いました。

 

毎日ハレのごはんを作らなくて良い、普通でよい、おいしくなくても良い、
なんて言ってしまう土井善晴さん、ありがとう!

 

 

 

 

カテゴリー: 染めだより~スタッフブログ~ | コメントする

子鬼も外

今日は節分ですね。

先ほど、近所でイベントがあり、節分の巻き寿司を作りました。
巻き簾の上に、大判の海苔を置いて、酢飯を広げて、きゅうり、卵、カニカマ、ちくわ、お漬物(コリコリして良い!)を置いて、

手前から、具材の置いた端まで一気に巻き、もう一度向こうまでそっと包み込むように滑らせ、
そしてキュッと力を込めます。。と文章にすると難しい、実際も難しい、笑。

 

ベテランさんの慣れた手つきはとても美しく、そしておいしくて、私も少食の娘も全部食べてしまいました。

晩ご飯に持って帰る予定だったのですが、今からまた作ろうかしら、、(娘が昼寝長ければ)

スーパーにも売っていますが、自分で作るのは手間がかかりますが、なかなか楽しいです。

 

写真の子鬼は、大きな鬼が来たら固まって、かえる…と行ってすぐさま逃げ出しました、笑。

 

 

カテゴリー: 染めだより~スタッフブログ~ | コメントする

ページの先頭へ

生地から選ぶ

柄・模様から選ぶ

千總風呂敷

風呂敷のお話

ご利用方法

別注・卸はコチラ

よくある質問

山藤織物工場

丹後織物工業組合

SOHYA TAS

詳細はコチラ

ご利用可能カード